井山裕太天元の防衛か? 一力遼七段の初タイトル獲得なるか?
天元戦五番勝負をリアルタイム中継

第4局は12月12日(月)9時対局開始
 井山裕太天元一力遼七段が挑戦する第42期天元戦挑戦手合五番勝負【主催:新聞三社連合】の第4局が12月12日(金)午前9時から兵庫県洲本市の「ホテルニューアワジ」で行われる。
 五番勝負の見どころを特集ページに、両対局者の意気込みを対局者プロフィールページに掲載しており、また対局カメラページでは両対局者の様子(静止画)を見ることができる。 対局の進行は当サイトの棋譜およびネット対局サービス幽玄の間で観戦できる。
( 2016.12.09 )
 
井山天元が勝利!2勝1敗で防衛に王手
防衛に王手をかけた井山天元
 井山裕太天元一力遼七段が挑戦する第42期天元戦挑戦者手合五番勝負【主催:新聞三社連合】の第3局が12月1日(木)に福岡県宗像市の「宗像ユリックス」で行われた。結果は163手まで黒番の井山天元が中押し勝ちをおさめ、対戦成績を2勝1敗とし天元位防衛に王手をかけた。終局は16時56分、残り時間は持ち時間3時間のうち、黒番の井山が1分、白番の一力が2分だった。
第4局は、12月12日(月)に兵庫県洲本市の「ホテルニューアワジ」で行われる。






井山天元「右辺入られてもう少し追求できないとおかしかったかもしれない。生きられて自信がないと思っていた。左下もあまり良くないと思っていたが、地で頑張ってシノギ勝負に持ち込まないとと思って打った。上辺に打てた(黒111)あたりで左上の利きが多くシノげそうと思った。」

一力七段「最初、左辺で生きたあたりでは悪くなかったと思う。左上ハネ(白84)で、結果的には上にノビて(89)手厚く打つくらいかもしれない。実戦は黒95とケイマにされ攻めが難しく、黒99とマゲられたあたりでは自信がない。」

( 2016.12.01 )
 
第42期天元戦挑戦手合五番勝負第3局
第3局は井山天元の黒番
 井山裕太天元一力遼七段が挑戦する第42期天元戦挑戦手合五番勝負【主催:新聞三社連合】の第3局が12月1日(木)午前9時から福岡県宗像市の「宗像ユリックス」で行われた。
 結果は第3局は井山天元の黒番、1日の夕刻に終局の見込み。



 五番勝負の見どころを特集ページに、両対局者の意気込みを対局者プロフィールページに掲載しており、また対局カメラページでは両対局者の様子(静止画)を見ることができる。 対局の進行は当サイトの棋譜およびネット対局サービス幽玄の間で観戦できる。
( 2016.12.01 )
 
第3局は12月1日(木)9時対局開始
 井山裕太天元一力遼七段が挑戦する第42期天元戦挑戦手合五番勝負【主催:新聞三社連合】の第3局が12月1日(木)午前9時から福岡県宗像市の「宗像ユリックス」で行われる。
 五番勝負の見どころを特集ページに、両対局者の意気込みを対局者プロフィールページに掲載しており、また対局カメラページでは両対局者の様子(静止画)を見ることができる。 対局の進行は当サイトの棋譜およびネット対局サービス幽玄の間で観戦できる。
( 2016.11.30 )
 
一力七段が勝利!1勝1敗のタイに戻す
一力七段が勝利
 井山裕太天元一力遼七段が挑戦する第42期天元戦挑戦者手合五番勝負【主催:新聞三社連合】の第2局が11月11日(金)に北海道小樽市の「小樽朝里クラッセホテル」で行われた。結果は205手まで黒番の一力七段が中押し勝ちをおさめ、対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。終局は17時49分、残り時間は持ち時間3時間のうち、両者ともに1分だった。
第3局は、12月1日(木)に福岡県宗像市の「宗像ユリックス」で行われる。

井山天元「もともと自信のない展開だったかもしれません。途中で難しくなったかもしれませんが右下(白110ハネ)でポカをやってしまいました。
その後勝負になったところもあったかと思いましたが、はっきり勝ちという図は見えませんでした」

一力七段「序盤から難解な戦いで、中盤は地合が足りずちょっと攻めていかなくてはいけない形勢で自信がありませんでした。
本当に勝ちになったのは最後のコウを解消(黒201)したあたりです。一局を通して難しかった」

( 2016.11.11 )
 
第42期天元戦挑戦手合五番勝負第2局
第2局は一力七段の黒番
 井山裕太天元一力遼七段が挑戦する第42期天元戦挑戦手合五番勝負【主催:新聞三社連合】の第2局が10月21日(金)午前9時から北海道小樽市の「小樽朝里クラッセホテル」で始まった。
 第2局は一力七段の黒番、11日の夕刻に終局の見込み。


 五番勝負の見どころを特集ページに、両対局者の意気込みを対局者プロフィールページに掲載しており、また対局カメラページでは両対局者の様子(静止画)を見ることができる。 対局の進行は当サイトの棋譜およびネット対局サービス幽玄の間で観戦できる。
( 2016.11.11 )
 
第2局は11月11日(金)9時対局開始
 井山裕太天元一力遼七段が挑戦する第42期天元戦挑戦手合五番勝負【主催:新聞三社連合】の第2局が11月11日(金)午前9時から北海道小樽市の「小樽朝里クラッセホテル」で行われる。
 五番勝負の見どころを特集ページに、両対局者の意気込みを対局者プロフィールページに掲載しており、また対局カメラページでは両対局者の様子(静止画)を見ることができる。 対局の進行は当サイトの棋譜およびネット対局サービス幽玄の間で観戦できる。
( 2016.11.10 )
 
第1局は井山天元の先勝
第1局は井山天元の先勝
 井山裕太天元一力遼七段が挑戦する第42期天元戦挑戦手合五番勝負【主催:新聞三社連合】の第1局が10月21日(金)午前9時から三重県志摩市の「賢島宝生苑」で始まった。
 結果は139手まで黒番の井山天元が中押し勝ちをおさめ、天元位防衛へ幸先の良いスタートを切った。

 終局は16時45分、残り時間は持ち時間3時間のうち、両者ともに2分だった。

 井山天元「右上からのっぴきならない戦いが始まって、こちらもかなり気持ち悪い形で自信があったわけでないが、はっきり悪い形も見えなかった。中央から左上になだれ込むことができてイケるかと思った。」
 一力七段「中央を切らず(白76)に、右辺を押さえて(白104)地合で勝負することも考えたが自信がなかった。」
( 2016.10.21 )
 
第42期天元戦挑戦手合五番勝負第1局
第1局は井山天元の黒番
 井山裕太天元一力遼七段が挑戦する第42期天元戦挑戦手合五番勝負【主催:新聞三社連合】の第1局が10月21日(金)午前9時から三重県志摩市の「賢島宝生苑」で始まった。
 第1局の手番はニギリにより井山天元の黒番で始まった。21日の夕刻に終局の見込み。


 五番勝負の見どころを特集ページに、両対局者の意気込みを対局者プロフィールページに掲載している。
 対局の進行は当サイトおよびネット対局サービス幽玄の間で観戦できる。また当サイトの「対局カメラ」ページでは両対局者の様子(静止画)を見ることができる。
( 2016.10.21 )
 
第42期天元戦挑戦手合五番勝負が開幕!
 井山裕太天元一力遼七段が挑戦する第42期天元戦挑戦手合五番勝負【主催:新聞三社連合】の第1局が10月21日(金)午前9時から三重県志摩市の「賢島宝生苑」で行われる。
 五番勝負の見どころを特集ページに、両対局者の意気込みを対局者プロフィールページに掲載している。
 対局の進行は当サイトおよびネット対局サービス幽玄の間で観戦できる。また当サイトの「対局カメラ」ページでは両対局者の様子(静止画)を見ることができる。
( 2016.10.21 )
 
一力が挑戦者に!
挑戦を決めた一力

 井山裕太天元への挑戦権を争う第42期天元戦挑戦者決定戦【主催:新聞三社連合】が9月2日(金)に東京の日本棋院本院で行われた。
 結果は、一力遼七段が山下敬吾九段に280手までで白番4目半勝ちし、井山天元への挑戦権を獲得した。一力は初の七大タイトル挑戦手合出場となる。

 井山天元との五番勝負は10月21日に三重県志摩市の「賢島 宝生苑」で開幕する。

( 2016.09.02 )
 
山下敬吾九段 vs 一力 遼七段 挑戦者決定戦は9月2日午前10時開始
 VS 
山下 敬吾九段 一力  遼七段

 井山裕太天元への挑戦者を決める、第42期天元戦挑戦者決定戦が9月2日(金)に行われる。

 挑戦者決定戦に進出したのは、天元2期、挑戦手合7回の出場経験を持つ山下敬吾九段と、挑戦者決定戦には初出場の一力遼七段の二人だ。

 対局は2日の午前10時より日本棋院東京本院で行われる。持時間は3時間、同日夕刻に決着の見込み。

 山下が勝って挑戦権を獲得すれば2010年の第36期以来、6期ぶりの挑戦手合出場となる。

 一力は今回が初めての挑戦者決定戦進出となり、勝てば他の七大棋戦も含め初めての挑戦手合出場となる。

 この対局は当「天元戦中継サイト」でライブ中継されるほか、日本棋院ネット対局「幽玄の間」でもライブ中継される。

対局開始時の様子

( 2016.09.02 )
 

新聞三社連合 北海道新聞 東京新聞 中日新聞 神戸新聞 徳島新聞 西日本新聞 日本棋院 関西棋院